e-エステみつけた
最近、エステサロンのメニューにも多くとりあげられ、美容業界のキーワードでもある「女性ホルモン」。なんとなく聞いたことはあるけれど、「それってつまり何?」「出産や更年期に関係があるってほんと?」「肌荒れやむくみの原因にも影響が…?」なんて素朴な疑問も浮かんでくる人も多いのでは?
今回の特集では、そんな疑問点を解消し、女性ホルモンをアップさせるためにはどうしたらいいのかをテーマに、『女性ホルモンアップ作戦!』を詳しく特集します。女性ホルモンUPメニュー体験記、女性ホルモンUPメニューを扱ったサロン一覧などもご紹介。
いつまでも輝く女性でいるためには、本当に重要なんです「女性ホルモン」!
女性ホルモンとはそもそも身体の中でどういった働きをするものですか?
マスコミなどで取り上げられている「女性ホルモン」は「卵胞ホルモン」を指しているのが一般的です。
ただ医学的には「黄体ホルモン」も含んだ総称と考えて頂ければと思います。どちらも卵巣から分泌され、卵胞ホルモンは排卵前の子宮内膜を育てる働き、黄体ホルモンは受精した卵つまり妊娠を保つ働きを持つものです。正常な数値でないと月経や妊娠などに関連してくるので女性にとってはとても重要なものです。乱れるとやはり婦人科系疾患の月経異常、不妊、更年期障害などの要因にもなるものです。

採血でその量が計れるとのことですが、女性ホルモンの量が多いときれいになるというのは本当でしょうか?
多ければいいというものではありません。
年齢に応じて二つのホルモンがバランス良く分泌されている事が大事ですね。ただ卵胞ホルモンは、女性らしい身体つきに変化するのを助ける役割があるので、お肌のハリをだし、代謝を良くしてくれ、女性を美しく魅せてくれる作用があるとも言えますね。

女性ホルモンと痩せる、太るの関連性はありますか?
月経後、卵胞ホルモンが多くでている時は、代謝が良くなるので痩せやすい時期でもあります。
また逆に月経前の黄体ホルモンが多くでる時は、エネルギーを溜め込む時期でもあるので、むくみやすく太りやすいとも言えますよね。
PMS(月経前症候群)などこの時期に憂鬱になったり、精神的にも不安定になったりする人も多いです。急激なダイエットなどは、女性ホルモンが乱れる大きな要因の一つでもあるので気を付けて欲しいですね。

最近更年期が早まるプレ更年期などという言葉を耳にしますが、本当でしょうか?
更年期障害の要因は女性ホルモンと密接に関わっています。卵胞ホルモンの分泌が少なくなる閉経前後5年間と言われているのですが、当院の患者さんの中でも30代後半からそのような傾向が出始めている人もいます。ただ自律神経失調症とよく似た症状なので、日々やはりストレスをためないことも重要ですよね。
更年期は誰でも女性ホルモンの数値が下がってくるものですが、とても個人差があって「障害」とならずに何も感じないで終わる人も多く、それは性格や体質などの要因も複雑に関わってくる問題ですね。

女性ホルモンのバランスを整えるにはどうしたら良いのでしょうか?
睡眠をよくとり、健康的な食生活、適度な運動、そして何よりストレスを軽減するといったことが大事ですね。女性ホルモンに関しては心と身体が密接に関わっています。震災後実はとてもバランスを崩した患者さんが増えました。つまり一般的に良く言う「恋をする」など幸せな精神状態だと女性ホルモンが安定するというのは本当ですね。

エステサロンなどのリラクゼーションなども女性ホルモンの安定には有効ということでしょうか?
大変有効だと思います。
自分のためにお金と時間を使ってあげるだけでもストレス軽減につながるし、さらに肌に効果などが出たりすれば、充分女性ホルモンの安定につながるはずです。また 鍼灸 やマッサージなど血行を促進し循環させることはとても重要です。身体をあたためる作用があるのもいいですね。

ずばり女性ホルモンと上手につきあうキーワードはなんでしょうか?
自分の身体に興味を持ち大切にしてあげること。
生理がくるというのは目に見える現象ですが、その裏には女性ホルモンや精神的な要素など絶妙なバランスで保たれているということを知っておいて欲しいですね。日本女性は我慢強い人が多くて家族や仕事などを優先し、自分の身体の不調を後回しにする人も多いですから。突然動けなくなって医者にかかる前に、エステなど自分のためにリラックスする時間をとって、身体の不調を逃すようにすることが大事だと思います。

『女性ホルモンUP作戦』を特集する上で、どうしても外せないサロンがコチラ!【 BHY銀座店(東京・銀座)

女性特有のトラブル解消やダイエットの話題において、常にどこかの女性誌で紹介されている注目のサロン。

e-エステ内でも、今まで何度か紹介させて頂きましたね。BHYの尹生花先生は、『婦人科機能をアップする』大切さから、日本で唯一“卵巣”にダイレクトに働きかける施術を行っており、日本全国からお客様が訪れるほど。
そこで今回、『女性ホルモンUP作戦』をテーマに、院長の尹生花先生に、最も効果的なメニューは?と伺ってみると…
なぜ腎臓なんでしょうか?
東洋医学では、腎(腎臓)は、生殖機能を司っていると言われています。腎の機能が弱いと、“むくみやすく下半身が太りやすく、卵巣や子宮に異常が見られる”といった一連の症状が出てきます。むくみやすいだけではなく、婦人科系の症状に必ずつながっていくのです。
実際、生理痛や生理不順、子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣のう腫など婦人科系疾患を持っている人の身体を診させていただくと、殆どと言っていい程、腎臓の機能が低下しています。腎臓が正常で元気な方は、婦人科系の病気はしないですね。
特にこれから12月~2月の間に身体が不調になる方は腎の異変が疑われますから、この機会に注意して自分の身体をみてみるといいですね。 多くの機能アップの中でも、特に「腎臓経を高める」ことについては、東洋医学を積極的に利用した方がいいですね。

BHYの代表的メニューの一つ「卵巣ヒーリング」の魅力とはなんでしょうか?
卵巣は、脳からの指令によって女性ホルモンを分泌させます。そのホルモンの働きは、生理の周期を整え、女性らしい体を作り、肌や髪をみずみずしく保ち、精神の安定を保つなど女性の身体にたくさんの影響を与えます。そして老化はこの卵巣の働きの変化から始まります。卵巣の健康は女性の健康と美しさに直接影響を及ぼすのです「卵巣ヒーリングコース」では、卵巣の機能を強化することにより、若さを保ち、女性らしい美しさを提供します





今回の特集を機に、e-エステ限定で作っていただいた最強女性ホルモンUPメニューを早速体験することに。
まずは腎蔵の機能を高めるために、腎臓につながっているルートの老廃物を出してあげなければいけません!BHYで一番人気メニュー『デト・ユニフィエ』を腎臓経ラインで施術していきます。

東洋医学では、ストレス・運動不足や加齢などにより五臓六腑の機能が低下すると、体内の老廃物は排出されずに『毒素』が蓄積されてしまうと言われています。その毒素を、BHYオリジナルの排出方法で出していくメニューが、『デト・ユニフィエ』。
BHYが特許を取得した『D-stick』(特許第4299842号)を使用し、経絡、筋肉、骨格、関節の中に潜んでいる毒素の排出(デトックス)を行って、体質改善やダイエットへと導いていきます。

五臓それぞれに効果的な漢方オイルで、腎臓経ラインをオイルトリートメントした後、
カッサのようなオリジナルの「D-stick」で肌を擦り毛孔を開いた後に、皮膚層の老廃物を排出していきます。老廃物が溜まっている方は、そっと撫でられただけでも痛いと感じ、その場で赤く反応が出てくるとか。これは続けていくことによって、出ないようになっていくとか。

ちなみに、私はもっともっと続けて欲しかったくらい!
次に、BHYオリジナル「D-pat」で、同じ腎系ラインをパッティングしていき、肌肉(脂肪)・筋肉・関節の老廃物を排出していきます。
これが、痛い!痛い!ったらありゃしない!!
痛いところには毒が溜まっていて、目に見えてその毒が出てくる。
毒の色によって、どんな種類の毒かがわかるというが、、、

毒が出た部分を中心に「D-roller」で温めていきます。「D-roller」の中には、温められたお灸が入っており、毒を出して痛みが出ている部分が、温められることによって、すごく緩和されていきます。

自分の毒を見ていると、こんなに溜まってたの?と驚くと共に、その後のすっきり感は、味わったことがないくらい体が軽くスッキリした!!
痣は、人によって出方が違うようで、消えるスピードも症状によって違う。軽いものだと2~2日で消えるものの、思い症状の毒だと1週間くらいかかる場合もあるとか。最初は、びっくりするものの、変なもので、通っていくうちに毒が出なくなってくると、物足りなくなってくるとか(笑)。
毒の出方により、その後の施術方法など決めていくようで、目に見えてわかる究極の毒素排出法ですね。

カウンセリングの後、先生が脈や舌下を診て健康状態をチェック。
おへその下 下腹部にかけて、集中して鍼を。
そして、卵巣のケアなのに脚と腕にも鍼を。。。

どうやら 卵巣や子宮につながる経絡とのこと。
血液の流れを良くし、機能を活発にし高めるのだ。

そして、耳のツボにも。
耳にもいくつものツボがあり、婦人科系に効果のあるツボへ小さな鍼をうっていく。

鍼をさした状態で、お腹にお灸を。
ハーブペーストをおへそに埋め、その上からとっても温かいお灸のセットを。
新陳代謝を高め、冷えを体の芯から取り除くことも期待できます。

鍼&お灸タイムは、温まったカプセルの中で。その間、ヘッドマッサージ。

尹先生によれば・・・

「女性ホルモンは、毛細血管を膨らませる作用があります。なので、女性ホルモンがバランス良く適量に整えば、身体の隅々まで血液が届いていき 美肌効果や痩身効果をも発揮することができるのです。何しろ、卵巣をケアし続けていくことは、女性としていつまでも輝いていくためにはとっても重要なことなのです!」

女性ホルモンは、美肌力を高めたり、女性特有の丸みを出したり、微小血管を拡張させたりなど女性の美を支える最強の美容ホルモンといえます。しかし、35歳をピークに女性ホルモン分泌をしている工場である卵巣が萎縮をし始め、減少していくことにより、乾燥肌、シミ、シワ、タルミなどに発展してしまいます。
女性ホルモンを常に良い状態で保持するには、卵巣が元気であることを基本。毎月の生理やオリモノの変化に気をつけて生活を送ることが大事です。また、年齢によるホルモン量の変化もケアを入れることにより回復することができますから、常に適度なケアをいれ、正しい磨き方をすれば、美と健康と若さを手に入れられますよ。定期的な卵巣のケアを心がけるようにしてみてください。
BHYのクチコミ体験記
女性の一生はホルモンバランスによって大きく左右されると言っても過言ではありません。
① 生活のリズムを整えよう。自律神経も規則正しく切り替わり、ホルモン分泌もスムーズに。
② ストレスは早めに解消しよう!ストレスを受けたとき処理にあたるのが大脳視床下部。ホルモン分泌のコントロールセンターなので、ダメージで分泌も乱れてしまう。
③ 急激なダイエットは禁物 生命を維持する機能にエネルギーが集中し、女性ホルモンの原料となる脂質(コレステロール)が不足するため、ホルモンバランスに甚大な影響を及ぼしてしまいます。
アンヴィアンタージュのクチコミ体験記
昔は一生涯で50回程度しかなかった月経が500回に増え、平均寿命から言って約35年もの長い閉経後の人生が通常になっています。
月経回数が多いことで、子宮内膜症・子宮筋腫のリスクが増え、また月経前症候群による腰痛・腹痛など、更年期に入っては骨粗しょう症・関節リュウマチなどの病気の発症も増えています。女性ホルモンに関連した症状の数々は、我慢や鎮痛剤などに頼るのではなく、適度な運動をしストレスを軽減し正しく対処していくということが重要になります。不調を積極的に改善して欲しいと思います。
加圧ダイエットサロンSECRETS本店のクチコミ体験記
女性ホルモンには美しい肌を保つ力があり、韓国では女性の月経周期や閉経後も28日の周期で女性ホルモンを崩さないためにお手入れを行います。SODAJIMAでは生理不順や閉経後にお肌のお手入れを行う事で刺激をあたえ、脳から免疫再生の伝達を高めるよう働きかけます。常にお肌は水分や弾力を増やそうとし、肌細胞は規則正しいターンオーバーを繰り返します。ターンオーバーの正常な肌は必要な栄養を補いやすく、また水分と油分のバランスが取れたハリつやのある肌を維持できるようになり、最高のアンチエイジングケアになります。 
SODAJIMA(ソダジマ)のクチコミ体験記
女性ホルモンだけではなく、ホルモン分泌全般の調節しているのが視床下部です。
視床下部は、他に自律神経や感情を司る中枢でもあるため、自律神経のバランスが崩れると視床下部にダメージが及び、ホルモン分泌にも影響が及びます。ホルモンバランス=自律神経のバランスということになるので、規則正しい生活(食事や睡眠)を心がけると共に、ストレスを上手く解消する事が大事です。
女性は香りのリラックス効果が高いため、アロマテラピーを利用したり、自分に合ったストレス解消法を見つけることが若さを保つ秘訣だと思います。
ZONA VERDE のクチコミ体験記
ストレスの多い現代社会。女性ホルモンのバランスが乱れ、PMS・生理痛・更年期障害などの不調で悩む方が沢山いらっしゃいます。当サロンでは神経やホル モンの栄養となる「脳脊髄液」の流れを促し、視床下部に直接働きかけるアロマを使用。骨盤をはじめ全身の歪みを正すことで、自律神経やホルモンのバランス を整え、メリハリのある女性らしいボディラインとみずみずしいハリのあるお肌へと導いていきます。生理に伴う肌の不調、生理痛、PMS、むくみ、だるさ等を改善するだけでなく、女性ホルモンを味方につけ、笑顔のあふれる毎日を送って頂けますように。そんなお手伝いができれば幸いです。
ブルーローズのクチコミ